ソフトB上林が値千金同点弾 「師匠」内川とお立ち台「こんなに早く来るとは」 | NewsCafe

ソフトB上林が値千金同点弾 「師匠」内川とお立ち台「こんなに早く来るとは」

スポーツ ニュース

ソフトバンク・上林誠知【写真:荒川祐史】
■21歳の新星が大仕事、内川の決勝打には「師匠がやってくれました」

 期待の若鷹が、値千金の一打を放った。ソフトバンクの上林誠知外野手。2日のロッテ戦(ヤフオクD)。1点ビハインドで迎えた7回に、起死回生の同点ソロを放ち「感触はなかったです。ポール際だったので、切れるなと思って走っていました」と、初のお立ち台で笑顔を浮かべた。

 価値あるアーチだった。先制しながら、ひっくり返されて迎えた7回。1死で打席に入ると、ロッテ先発の唐川のカーブを捉えた。2ボール1ストライクからの4球目。高々と舞い上がった打球は右翼ポール際のスタンドへと飛び込み「カーブは狙ってなかったですけど、うまく我慢することが出来ました」と振り返った。

 21歳の新星。春のキャンプから主力組が集うA組に抜擢され、開幕スタメンまで掴み取った。開幕戦で初安打を放ったが、その後は4打席ノーヒットが続き「次が出るまで長く感じました」という。結果が求められる公式戦。「始動を早くするとか、肩を開かないようにという、コーチのアドバイスを信じてやるだけ」と、結果に意識を取られるのではなく、自分の打撃に集中するよう、心がけている。

 自身の同点弾のあとには、宮崎での自主トレで師事する内川が勝ち越しの2点適時打を放ち「師匠がやってくれました。決めてくれて最高です」。師弟コンビでお立ち台にも上がり「初めて一緒に上がりました。こんなに早く来るとは思わなかった。少しでも恩返しできたかな」と喜んだ。

 開幕カードの全3試合でスタメン起用されたが、「チャンスだと思っているけど、結果が出なければ、使われなくなるのは分かっている。1試合1試合気は抜けない」。21歳から、危機感が消えることはない。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani
《Full-count》

特集

page top