ヤクルト新外国人オーレンドルフ、デビュー戦で制球乱れて勝ち越し許す | NewsCafe

ヤクルト新外国人オーレンドルフ、デビュー戦で制球乱れて勝ち越し許す

スポーツ ニュース

■1点リードの3回、2死満塁から捕逸と暴投で2失点

 ヤクルト新外国人のオーレンドルフ投手が2日、本拠地でのDeNA戦で3回に制球を乱し、逆転を許した。

 1点リードで迎えた3回。1死から桑原を四球で歩かせると、続く梶谷を左飛に打ち取るも、この日先制点を挙げた3番・ロペスにセンター前ヒットを許す。2死一、三塁で打席に迎えた筒香にも四球を与えて満塁。今季独立リーグから加入したシリアコの打席だった。

 オーレンドルフの投げた初球スライダーは、ベース付近で大きくバウンド。これを捕手・中村が止められずに捕逸する間に、三塁走者の桑原が生還。2死二、三塁としたところで、同じくシリアコに対する1ボール2ストライクからの4球目スライダーが大きくワンバウンドする暴投となり、勝ち越しのホームインを許した。

 2回までは順調に抑えていた新助っ人だが、制球の乱れが命取りとなった。
《Full-count》

特集

page top