ソフトBに待望のチーム1号弾 3戦連続1打席目安打の内川「打ててよかった」 | NewsCafe

ソフトBに待望のチーム1号弾 3戦連続1打席目安打の内川「打ててよかった」

■ロッテ先発・唐川のカーブを左中間席へ運ぶ ソフトバンクに、開幕3戦目にしてチーム第1号の本塁打が飛び出した。ヤフオクドームに快音を響かせたのは、侍ジャパンメンバーとしてWBCに出場したキャプテン、内川聖一外野手だった。 2日ロッテ戦の2回だった。先頭打者とし…

スポーツ ニュース
■ロッテ先発・唐川のカーブを左中間席へ運ぶ

 ソフトバンクに、開幕3戦目にしてチーム第1号の本塁打が飛び出した。ヤフオクドームに快音を響かせたのは、侍ジャパンメンバーとしてWBCに出場したキャプテン、内川聖一外野手だった。

 2日ロッテ戦の2回だった。先頭打者として打席に入った内川。2ボール1ストライクからの4球目。ロッテ先発の唐川が投じた外角高めのカーブを捉えた打球は、左中間のホームランテラス席に飛び込んだ。

 チームを勢いづける先制弾に「入るとは思いませんでしたが、芯でしっかり捉えることを意識していました。昨日の勢いのままに先制点が欲しかったし、打ててよかった」とコメントした。

 前日1日の同戦でも、初回の第1打席に先制適時打を放つなど、2安打1打点でヒーローとなった4番。開幕戦でも1打席目に安打を放っており、これで開幕3戦連続で1打席目に安打を放っている。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top