四国IL高知マニー「1番」でデビュー 駒田監督「一番美味しいものは…」 | NewsCafe

四国IL高知マニー「1番」でデビュー 駒田監督「一番美味しいものは…」

スポーツ ニュース

高知ファイティングドッグス開幕戦で日本デビューを果たした、マニー・ラミレス【写真:広尾晃】
■開幕戦の1日ソフトバンク3軍戦に「1番・DH」で先発

 MLB歴代15位の通算555本塁打を記録したマニー・ラミレスが1日、四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグス開幕戦で日本デビューを果たした。

 登録名は「マニー」。MLBで最後にプレーしたのは2011年、台湾の義大ライノズでプレーしたのは2013年、米マイナーでプレーしたのは2014年。久しぶりの公式戦に、試合前のマニーは、やや緊張しているように見えた。

 対戦相手は、福岡ソフトバンクホークス3軍。四国アイランドリーグplusは、ソフトバンク、巨人の3軍と交流戦を行っているが、これも公式戦に組み入れられている。ソフトバンクの先発は、育成選手の左腕・伊藤祐介だった。

 マニーは「1番・DH」で先発出場し、1打席目はフルカウントから変化球に手を出して空振り三振だったが、2打席目に変化球を泳ぎながらも前でさばいて三遊間をゴロで抜ける安打で来日初ヒットを記録した。3打席目はフルカウントから三振、4打席目には四球を選び、代走を送られてベンチに下がった。
《Full-count》

特集

page top