横浜赤レンガ倉庫に移動遊園地!GWはビールやフードも楽しめる春祭り「ヨコハマフリューリングスフェスト」へ | NewsCafe

横浜赤レンガ倉庫に移動遊園地!GWはビールやフードも楽しめる春祭り「ヨコハマフリューリングスフェスト」へ

横浜赤レンガ倉庫がリニューアルオープン15周年を迎えることを記念して、4月28日から5月7日まで、ドイツの春祭りを再現したイベント「ヨコハマフリューリングスフェスト(Yokohama Fruhlings Fest)2017」を開催する。

ビックリ fashion-headline/Life/Life
「ヨコハマフリューリングスフェスト(Yokohama Fruhlings Fest)2017」会場イメージ
  • 「ヨコハマフリューリングスフェスト(Yokohama Fruhlings Fest)2017」会場イメージ
  • レディー・バード
  • メリーゴーランド
  • アインガー マイボック(1,100円)
  • コーンショット(800円)
  • オレンジジュース(600円)
  • パイナップルジュース(1,300円)
  • 国産シュパーゲル トリュフアロマのオランデーズソース(800円/1本)
横浜赤レンガ倉庫がリニューアルオープン15周年を迎えることを記念して、4月28日から5月7日まで、ドイツの春祭りを再現したイベント「ヨコハマフリューリングスフェスト(Yokohama Fruhlings Fest)2017」を開催する。

同施設は建物の一部をドイツ様式で建造していること、横浜港が北ドイツのハンブルク港と姉妹港であることなど、ドイツとの縁が深いことから年間を通してドイツ発祥として実施されているイベントのひとつ。

「フリューリングスフェスト」にはドイツ語で春祭りを意味しており、ビール祭りと移動遊園地がセットとなっていることでドイツ各地では春の1日を楽しむ風物詩ともなっている。

5回目を迎える今回は、ドイツビールやフードが中心の構成に加えて、アトラクションの数を増やすことで、より本場ドイツのイベントに近づけている。これまで子ども用のみだった全7種のアトラクションのうち、振り子の動作で浮遊感が楽しめる「海賊船」、てんとう虫を模した乗り物が旋回する「レディー・バード」が初登場する他、ファミリーで乗れる大きさのメリーゴーランドなど、大人も子どもと一緒に楽しめるアトラクションも用意される。
《空閑@HEW》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top