日本ハム、近藤健介の決勝打で今季初白星…西武は好機を生かせず | NewsCafe

日本ハム、近藤健介の決勝打で今季初白星…西武は好機を生かせず

スポーツ サイクルスタイル/スポーツ/短信

野球ボール イメージ
日本ハムは4月1日、札幌ドームで西武と対戦。近藤健介外野手の決勝打により3-1で勝利し、今季初白星を飾った。

日本ハムは0-0で迎えた3回裏、西川遙輝外野手がソロ本塁打を放ち幸先よく先制。その後、走者二塁の好機を作ると、近藤健介外野手の適時打が飛び出し2-0とリードを広げた。

4回表には、西武の源田壮亮内野手の内野ゴロの間に1点を奪われるも、5回裏の満塁の好機にレアード内野手が犠飛を放って3-1とした。

投げては、先発のメンドーサ投手が5回1失点の好投を見せ、後を継いだ谷元圭介投手、宮西尚生投手らリリーフ陣が西武打線を無失点に抑えた。
《浜田哲男》

特集

page top