楽天、14安打13得点の猛攻で開幕2連勝…オリックスは投手陣が崩壊 | NewsCafe

楽天、14安打13得点の猛攻で開幕2連勝…オリックスは投手陣が崩壊

楽天は4月1日、京セラドーム大阪でオリックスと対戦。14安打13得点の猛攻を見せ、13-4で大勝。開幕2連勝を飾った。

スポーツ サイクルスタイル/スポーツ/短信
野球 イメージ(c)Getty Images
楽天は4月1日、京セラドーム大阪でオリックスと対戦。14安打13得点の猛攻を見せ、13-4で大勝。開幕2連勝を飾った。

楽天は1-1で迎えた3回表、茂木栄五郎内野手が適時二塁打を放って2-1と勝ち越しに成功すると、アマダー内野手や今江年晶内野手にも適時打が飛び出し、5-1とリードを広げた。

また、7-2で迎えた9回表には再び打線が爆発。走者二塁の場面でアマダーが適時打を放つと、藤田一也内野手や茂木にも適時打が飛び出し、一挙6点を追加して試合を決めた。

投げては、先発の辛島航投手が5回1/3を投げて2失点と先発の役割を果たし、今季初勝利を挙げた。対するオリックスは、先発のコーク投手が3回をもたずに5失点を喫するなど投手陣が崩壊。今季初白星とはならなかった。
《浜田哲男》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top