アキコアオキ、身体と服の距離感から生まれる“原始的”な美しさ【2017-18秋冬ウィメンズ】 | NewsCafe

アキコアオキ、身体と服の距離感から生まれる“原始的”な美しさ【2017-18秋冬ウィメンズ】

ビックリ fashion-headline/Fashion/Collection
アキコアオキ2017-18年秋冬コレクション
  • アキコアオキ2017-18年秋冬コレクション
  • アキコアオキ2017-18年秋冬コレクション
  • アキコアオキ2017-18年秋冬コレクション
  • アキコアオキ2017-18年秋冬コレクション
  • アキコアオキ2017-18年秋冬コレクション
  • アキコアオキ2017-18年秋冬コレクション
  • アキコアオキ2017-18年秋冬コレクション
  • アキコアオキ2017-18年秋冬コレクション
アキコアオキ(AKIKOAOKI)が、Amazon Fashion Week TOKYO 2017 A/W期間中の3月24日、渋谷ヒカリエで2017-18年秋冬コレクションを発表した。

今回は、“Primitive(原始的)”をテーマに掲げ、人間が元々持っている感覚、身体性や土臭さなどをコレクションで表現したという。八の字を描いてモデルたちが移動するランウェイは、あらゆる角度からルックが見えるような工夫がされており、会場内に入り切らないほどの観衆が見守る中でのショーの開催となった。

FKA twigsの『Water me』の曲と共に、鮮やかなピンク色のファーストルックをまとったモデルが登場。続いて大きなパフスリーブのシャツとプリーツスカートがドッキングしたドレス、エプロン風のトップスや、パンツの上に重ねられたスカート、ビスチェのような装飾が付いた巻きスカートをまとったモデルたちがランウェイを行き交った。
《辻あい子》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top