天気が悪くなると不調が起こりやすい気象病とは | NewsCafe

天気が悪くなると不調が起こりやすい気象病とは

ビックリ ニュース

天気が悪くなると不調が起こりやすい気象病とは
気圧は高くなっても低くなっても不調が起こり得ますが、特に低気圧のときに多いそうです。気圧の変化に体がついていけないと自律神経が乱れやすくなり、交感神経が高ぶってしまうことがあります。するとめまいだけでなく、精神的にもイライラや落ち込みが起こりやすくなります。また普段から頭痛持ちだったり関節痛などがあると、その箇所に痛みが出やすくなるのです。

自律神経の乱れが原因となりやすい気象病
気象病は自律神経が乱れやすい人に多い症状です。体の外環境のちょっとした変化を敏感に感じ取ってしまい影響を受けやすいからです。そのため気象病予防には、自律神経を鍛えることが効果的です。毎日軽い運動を取り入れることで心身ともに丈夫にし、規則正しい生活を送ることで、次第に自律神経が整ってきます。また普段から過度なストレスをためないように、ストレス発散を心がけリラックスする時間を設けるのも有効です。もしかしたら気象病かも…と疑われる場合は、その日の天気や気圧、体の状態を毎日書き出してみましょう。日記をつけることで、どんなときに調子が悪くなりやすいのかを把握できるようになり、対策法を見つけたり、また大事なスケジュールが立てやすくなります。



writer:Akina
《サプリ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top