日ハム栗山監督、初勝利に手応えも…“猛打賞”の大谷を「あした説教します」 | NewsCafe

日ハム栗山監督、初勝利に手応えも…“猛打賞”の大谷を「あした説教します」

スポーツ ニュース

日本ハム・栗山英樹監督【写真:田口有史】
■救援陣の好投には手応え「あそこは本当に生命線。安心した」

 日本ハムは1日、本拠地での西武戦に3-1で勝利し、今季初勝利を挙げた。先発のメンドーサが5回5安打1失点(自責0)と試合を作り、谷元、宮西、増井、マーティンと救援陣が無失点リレー。打線は西川の先制弾などで着実に得点を積み重ねた。

 栗山英樹監督は試合後、試合内容に確かな手応えを示し、救援4投手については「あそこは本当に生命線」と称賛。一方、4打数3安打の“猛打賞”を記録した大谷については、初回の二塁内野安打で痛めている右足で一塁ベースを踏んだことやツーベースで二塁にスライディングしたことについて「説教します」と“ダメ出し”した。

 試合後の一問一答は以下の通り。

――今季初勝利。

「良かったです。あらためて1つ勝つのは本当に大変だなと思った。また始まったなという感じです」

――先発メンドーサが好投。

「ずっと状態が良かったし、去年かなり悔しい思いをしていので、期待していた。ミス絡みで1点取られたけれど、本人はもっと長いイニングを投げたがっていたけれど、それよりもまずは0で進めてくれる方が我々としては試合を進めやすい。本当によくやってくれた」
《Full-count》

特集

page top