ソフトB復帰の川崎宗則、どうなる起用法 米帰りもレギュラー獲りに高い壁 | NewsCafe

ソフトB復帰の川崎宗則、どうなる起用法 米帰りもレギュラー獲りに高い壁

スポーツ ニュース

ソフトバンクに6年ぶりに復帰することが決まった川崎宗則【写真:藤浦一都】
■「どこでも出来るのが野球選手」、古巣復帰の川崎、注目の起用法は?

 ソフトバンク復帰が決まった川崎宗則内野手が1日、ヤフオクドーム内で入団会見を行なった。工藤公康監督、三笠杉彦球団統括本部副本部長とともにひな壇へと上がった川崎は「昨日、一昨日までアメリカにいました。そしてクビになりました。こりゃ困ったなと思ったとき、一番最初に声をかけてくれたのがホークスでした。すごく嬉しかったし、次の日ホークスだ、ホークスに行きたいと思いました」と6年ぶりにホークス復帰を決断した胸の内を語った。

 注目されるのは、川崎がどこのポジションに入るのかという起用法だろう。川崎自身は「向こうにいって、ポジションをたくさんできるようになった。どこでも出来るのが野球選手というのが僕のポリシーなので、監督が僕を好きなように使ってくれて、それに僕は日本人らしくイエス!と言いたいと思います」と工藤監督の意向に沿う考えを示した。
《Full-count》

特集

page top