電通ラボ東京、スポーツ解説システム「ズノさん」開発…野球番組の解説者を目指す | NewsCafe

電通ラボ東京、スポーツ解説システム「ズノさん」開発…野球番組の解説者を目指す

ビックリ サイクルスタイル/新着/技術
野球 イメージ(c)Getty Images
Dentsu Lab Tokyo(電通ラボ東京)は、「AIスポーツ解説プロジェクト」第1弾として、NHKの野球関連番組用にスポーツ解説システム「ZUNO(ズノさん)」を開発した。

「ズノさん」は、囲碁やチェスなどの分野で人間と人工知能の対決で話題となった「ディープラーニング」の技術を応用して開発された。

データスタジアム社提供の2004年から記録されている300万球を超える打席データを学習し、配球や勝敗、順位などの予測、データマイニングを応用した人間の解説者では見つけることのできなかった選手の傾向や試合状況に応じた投球の解析を行う。

同社はズノさんが2017年中に、解説者としてNHK BSの野球関連番組に登場することを目指して開発を進める。また、デジタルスポーツ解説者を野球以外のスポーツにも応用。視聴者が多様な観点からスポーツを楽しめる手法の開発に取り組む。
《美坂柚木》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top