日ハム西川、今季1号の先制弾 「どん詰まり」も右翼スタンドへ運ぶ | NewsCafe

日ハム西川、今季1号の先制弾 「どん詰まり」も右翼スタンドへ運ぶ

スポーツ ニュース
■3回に貴重な一発、「最高に気持ちよかったです!」

 日本ハムの西川遥輝外野手が1日の西武戦で今季1号となる先制弾を放った。

 両チーム無得点で迎えた3回。先頭で打席に立つと、西武先発・野上の内角へのスライダーをフルスイング。右翼席へと運んだ。

 会心の当たりにも見えたが、本人は「打ったのはスライダーですけど、どん詰まりですね」。それでも、初回に左飛に倒れていたこともあり「1打席目が不甲斐なかったので、最高に気持ちよかったです!」と喜んだ。

 日本ハムはその後、大谷のツーベースと近藤のタイムリーで追加点を挙げた。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top