パラスポーツ体験で学ぶ「ダイバーシティ コミュニケーション」講座開催 | NewsCafe

パラスポーツ体験で学ぶ「ダイバーシティ コミュニケーション」講座開催

ビジネスエージェントとエパノ プログラミングスクールは、パラスポーツを体験することで多様性・共生社会でのコミュニケーションの要点を学ぶ「ダイバーシティ コミュニケーション」講座を4月26日(水)に開催する。

ビックリ サイクルスタイル/ライフ/社会
パラスポーツ体験で学ぶ「ダイバーシティ コミュニケーション」講座開催
  • パラスポーツ体験で学ぶ「ダイバーシティ コミュニケーション」講座開催
  • パラスポーツ体験で学ぶ「ダイバーシティ コミュニケーション」講座開催
ビジネスエージェントとエパノ プログラミングスクールは、パラスポーツを体験することで多様性・共生社会でのコミュニケーションの要点を学ぶ「ダイバーシティ コミュニケーション」講座を4月26日(水)に開催する。

講座では、日本パラバレーボール協会の協力のもと、パラリンピック公式種目のパラスポーツ「シッティングバレーボール」を体験し、ダイバーシティ コミュニケーションについて学ぶ。多様な文化や人種、価値観の人間が共生する際に起きがちな問題の解決に必要なコミュニケーションのポイントを知ることができる。

障がい者と健常者が一緒にプレーできる数少ないスポーツであるシッティングバレーボールの特性を生かした講座となる。会議室で講義を受け、体育館でシッティングバレーボールを体験する。終盤は、体験会を踏まえたディスカッションを行う。

開催日時は、4月26日(水)9:30~17:30。会場は、新宿区内体育館・会議室。受講料2万5千円、4月12日(水)までは早割2万円。参加時は、室内運動用の靴と床に座って運動するための服装(スポーツウェアなど)が必要となる。申込み・問い合わせは専用ホームページから行う。
《美坂柚木》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top