デスクワーカーの不調は姿勢性症候群が原因かもしれない | NewsCafe

デスクワーカーの不調は姿勢性症候群が原因かもしれない

事務仕事やパソコン操作など、日々デスクワークに勤しんでいるあなた。こういった仕事を始めてから、身体面であらゆる不調を感じていませんか?具体的には腰が痛くなったり、肩こりがひどくなったり、痺れが生じたりなどです。こういった症状は、長時間同じ姿勢をとること…

ビックリ ニュース
デスクワーカーの不調は姿勢性症候群が原因かもしれない
事務仕事やパソコン操作など、日々デスクワークに勤しんでいるあなた。こういった仕事を始めてから、身体面であらゆる不調を感じていませんか?具体的には腰が痛くなったり、肩こりがひどくなったり、痺れが生じたりなどです。こういった症状は、長時間同じ姿勢をとることで招いてしまう症状として、姿勢性症候群とも言われています。もしかして今あなたが感じているその不調は、姿勢性症候群によるものかもしれません。そんなデスクワーカーが招きがちな姿勢性症候群について紹介したいと思います。

姿勢性症候群とは
別名、第4胸椎症候群とも呼ばれる姿勢性症候群は、長時間の同じ姿勢の維持、無理な姿勢などによる影響で、脊椎や神経に負荷が生じ、痛みやコリ、痺れ、場合によっては脊椎を損傷させることも。特にパソコン操作を仕事にしている方に、姿勢性症候群は後を絶たないようで、不適切な姿勢を長時間維持する行為は、医師も理学療法士も警鐘を鳴らしています。机に座るといつも腰が痛くなる、パソコンをするといつも肩が凝る、こんな症状に自覚がある方は、姿勢性症候群を発症している可能性が高いです。
《サプリ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top