木南晴夏「泥棒猫!」から1年…武井咲と再共演 “貴族探偵”相葉雅紀に焦がれる | NewsCafe

木南晴夏「泥棒猫!」から1年…武井咲と再共演 “貴族探偵”相葉雅紀に焦がれる

芸能 モデルプレス/ent/wide/show

【木南晴夏/モデルプレス=3月27日】女優の木南晴夏が、嵐の相葉雅紀が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ「貴族探偵」(4月17日スタート/初回30分拡大)に出演することがわかった。

嵐・相葉雅紀「これを着て外は歩けない」主演月9ビジュアル解禁

今作は、麻耶雄嵩氏による本格推理小説「貴族探偵」と続編の「貴族探偵対女探偵」(いずれも集英社文庫刊)が原作。

相葉演じる主人公は探偵を趣味としている貴族で、年齢、家族、学歴、住所、本名までも不明。さらには、まさか一切の推理を「雑事」と言い放ち、召使いに任せながら優雅に謎を解くという、探偵という存在の既成概念を打ち砕く前代未聞のミステリーとなっている。

◆木南晴夏が社長令嬢役で登場

木南が演じる玉村依子は、玉村グループという日本有数の財閥の社長令嬢。資産家であり、1話で発生する殺人事件も、依子の父が所有する豪奢な山荘で起こる。

もともと、武井咲演じる新米探偵・高徳愛香が勤める喜多見切子探偵事務所はクライアントとしてひいきにしており、愛香とも親交がある依子。たまたま山荘に友人たちを招いて、余暇でパーティーを開くこととなり、せっかくだからと愛香も誘ったところ、凄惨な殺人事件が起こることとなる。
《モデルプレス》

特集

page top