中高生の「お小遣い事情」もらっているのは約半数、3割「貯金」も | NewsCafe

中高生の「お小遣い事情」もらっているのは約半数、3割「貯金」も

ビックリ リセマム/生活・健康/高校生
お小遣いの有無とひと月の金額「TesTee調べ」
  • お小遣いの有無とひと月の金額「TesTee調べ」
  • 中高生のお小遣いの使い道「TesTee調べ」
  • 高校生のアルバイト事情「TesTee調べ」
  • 中高生のお小遣い事情調査「TesTee調べ」
 テスティーは、運営するスマートフォンアンケートアプリ「TesTee」の中学生、高校生ユーザーを対象に「中高生のお小遣い事情」に関する調査を実施。中高生の53.1%がお小遣いをもらっており、およそ3割はお小遣いを「貯金」していることが明らかになった。

 中高生のお小遣い事情調査は、TesTeeユーザーの中学生および高校生446人を対象にアンケートアプリ「TesTee」を使用して行った。調査期間は3月6日~7日。

 お小遣いをもらっている割合は、中学生52.4%、高校生53.8%。中高生全体で53.1%がお小遣いをもらっていることが判明した。お小遣いをもらう頻度は「月に一度」がもっとも多く、中学生で85.5%、高校生で72.8%と大半を占めた。

 ひと月にもらうお小遣いの金額は、中学生では「1,000~3,000円未満」との回答がもっとも多く56.6%という結果に。高校生では、「3,000~5,000円未満」が35.7%ともっとも多く、ついで「5,000~7,000円未満」21.0%、「1,000~3,000円未満」19.8%と金額にばらつきが見られた。お小遣いをもらっていない人は欲しいものなどがあった場合、両親に相談して買ってもらうか、お年玉などをやりくりして購入しているという。
《畑山望》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top