ネット注文できる合鍵作成サービスの悪用にご用心……鍵業者が注意喚起 | NewsCafe

ネット注文できる合鍵作成サービスの悪用にご用心……鍵業者が注意喚起

社会 ニュース

キーに刻印された番号や形状から、ごく簡単に合鍵を作製できてしまうことは、カギに少し詳しければ常識。そうしたリスクを認識することで適切なキーの管理を実現できる。写真はピッキング犯罪が流行ったころに主なターゲットとなったディスクシリンダー錠のキー。このキーを持っている人はピッキングにも注意が必要だ(撮影:防犯システム取材班)
 カギの110番・カギの救急車グループのジェイクライプは、インターネットで注文した合鍵を使用して男が他人の住居に侵入していた事件を例に挙げ、鍵の管理について注意を呼びかけている。

 事件の内容は、9月10日に20歳の女子大学生が住むマンション一室に合鍵で侵入したとして、住居侵入容疑で男が逮捕されたというもの。逮捕された男は、被害に遭った女子大学生のキーに刻印された「鍵番号」などを記憶し、インターネットで合鍵を注文していた。男は他にも複数のキーを持っており、同様の方法で合鍵を入手していたとみられている。

 キーに刻印された「鍵番号」は鍵の種類や形状を表す情報であり、鍵に書いてある番号だけでインターネットで注文し、合鍵を作製することが可能だという。

 同社は合鍵を不正に作られないための対策として、他人に安易にキーを見せない・見られないようにする、キーカバー・キーキャップを付け鍵番号を隠したり、キーの所有者だけが合鍵注文を行える「所有者登録システム」を採用しているキーに交換する、といった方法を提示している。
《防犯システム取材班/鷹野弘》

特集

page top