ミラノで喝采を浴びる唯一の日本人デザイナー「ファッションは伝統と現代、異文化と人々を繋げる手段」 --ATSUSHI NAKASHIMAデザイナー中島篤1/2【INTERVIEW】 | NewsCafe

ミラノで喝采を浴びる唯一の日本人デザイナー「ファッションは伝統と現代、異文化と人々を繋げる手段」 --ATSUSHI NAKASHIMAデザイナー中島篤1/2【INTERVIEW】

『DHL Exported』プロジェクトを日本人として初受賞し、16-17AWでミラノコレクションデビューを果たしたATSUSHI NAKASHIMA。17SSのコレクションノートに「ファッションは私にとって伝統と現代を結合させる手段。それは異なる文化と人々を繋げるもの」と記した。前編。

芸能 ニュース
ATSUSHI NAKASHIMAデザイナー中島篤
  • ATSUSHI NAKASHIMAデザイナー中島篤
  • アツシナカシマ13SSコレクション
  • アツシナカシマ13SSコレクション
  • アツシナカシマ13-14AWコレクション
  • アツシナカシマ13-14AWコレクション
  • ATSUSHI NAKASHIMAデザイナー中島篤
  • ATSUSHI NAKASHIMAデザイナー中島篤
  • ATSUSHI NAKASHIMAデザイナー中島篤
政治の混乱、戦争の影、過激化するテロや暴力。平和と安全の維持を脅威すようなニュースに囲まれ、不安を拭うことができないこんな時代に、ファッションがどのような役割を果たすべきか。

業界人の多くが胸の内に抱える疑問に対して、デザイナーの中島篤は17SSのコレクションノートにこのように記した。「ファッションは私にとって伝統と現代を結合させる手段。それは異なる文化と人々を繋げるもの」。

モダンでありながらクラシカルな空気感を併せ持ち、和の繊細さとヨーロッパの大胆さをミックスさせ、比類なきアイデアで勝負するATSUSHI NAKASHIMA。

『DHL Exported』プロジェクトを日本人として初受賞し、16-17AWでミラノコレクションデビューを果たした。2回目となった17SSのショーは、16世紀頃に建てられた王宮内をステージに、日本とイタリアの国交150周年を祝す、サプライズに溢れた演出で大きな喝采を浴びた。
《ELIE INOUE》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top