10/5は「教師の日2016」社会全体で先生を応援しよう | NewsCafe

10/5は「教師の日2016」社会全体で先生を応援しよう

社会 ニュース

教師の日2016
  • 教師の日2016
  • 生徒たちから先生へ、サプライズ感謝セレモニー(2015年のようす)
  • Webムービー「長谷部健 渋谷区長の恩師再会」
  • 展覧会「先生のコトバ展」
  • オリジナル「先生、ありがとう赤ペン」配布
 「教師の日」普及委員会は、日本で10月5日を「教師の日」とすることを目的に、10月5日~10日に「教師の日2016」を開催する。特別記念フォーラムや展覧会、Webサイトでのコンテンツなど、さまざまなイベントが予定されている。

 ユネスコは10月5日を「世界教師の日」と定め、教師に感謝する日としている。「教師の日」普及委員会は、日本でも10月5日を「教師の日」とすることを目指して、10月5日~10日に「教師の日2016」を開催する。

 OECD(経済協力開発機構)の「国際教員指導環境調査」によると、日本の教師の勤務時間は調査国中1位となっており、各国の平均勤務時間を大きく上回っている。また、多岐にわたる事務作業のほか、放課後の課外活動の指導など、授業以外に費やす時間が増えているという。

 「Teach for Japan」を中心に構成されている「教師の日」普及委員会は、「教師の日2016」を通して、社会全体で教師という職業の大切さを改めて考えてもらうとともに、教師に感謝を伝える活動を継続して行っていくことで、教師自身のモチベーションや質のアップにつなげていくことを目指している。
《外岡紘代》

特集

page top