音楽が好きだったことと他者への「感謝」が色濃く反映された兄の終活と葬儀 | NewsCafe

音楽が好きだったことと他者への「感謝」が色濃く反映された兄の終活と葬儀

ビックリ ニュース

音楽が好きだったことと他者への「感謝」が色濃く反映された兄の終活と葬儀
兄は小中学校では体操を、高校では水泳をこなし東北大会にも出場したアスリートでしたが、高校時代に不明の高熱が出て寝込んだことがありました。それから数年が立ち、仕事を忙しくこなす兄が体調を崩し、身体に異変がおこったのです。体調不良の一因として、高校時代の不明な高熱があったのではないかと診断されました。心臓に疾患が出始め、血流の不良や呼吸の乱れなど、さまざまな症状が現れました。そして、仕事をしながら、長年に渡り透析療法を受けることに…。家族に支えられながら闘病の入退院を繰り返し、還暦を迎える年の2014年4月1日に帰らぬ人となりました。

■多趣味だった兄が特に好んだのが音楽だった

兄は六人兄弟(男5人・姉1人)の5番目の四男。多趣味の人でもありスポーツの他には小説や映画をこよなく愛し、ギターもピアノも弾いていました。

60年代後半から70年代初めに青春時代を過ごし、ビートルズやボブ・ディラン、スティービー・ワンダーなどの洋楽はもとより、特にシンガーソングライターとしてオリジナル・ソングを唄っていた岡林信康、吉田拓郎、あがた森魚などよく聴いて、彼らの歌をギターで弾き語りをしていました。その頃からでしょうか、詩を書くようになったのは。思春期に一度は通る道なのでしょう。自分探し的な文章や詩、言葉を大学ノートに書き留め、いつしかその言葉を「音楽」として表現するようになっていました。
《心に残る家族葬》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top