「三太郎」本当のスターは誰!? 子ども“桃ちゃん”寺田心がスポ根で再登場 | NewsCafe

「三太郎」本当のスターは誰!? 子ども“桃ちゃん”寺田心がスポ根で再登場

芸能 ニュース

三太郎新CM「本当のスター」篇
  • 三太郎新CM「本当のスター」篇
  • 三太郎新CM「本当のスター」篇
  • 三太郎新CM「本当のスター」篇
  • 三太郎新CM「本当のスター」篇
  • 三太郎新CM「本当のスター」篇
  • 三太郎新CM「本当のスター」篇
  • 三太郎新CM「本当のスター」篇
  • 三太郎新CM「本当のスター」篇
桃太郎(松田翔太)、浦島太郎(桐谷健太)、金太郎(濱田岳)で贈るau“三太郎シリーズ”の新CMは、いつものコミカルな掛け合いから、なぜかほろりとする展開(?)に向かう「本当のスター」篇。先日の「三太郎の出会い」篇に続いて、寺田心が演じる桃太郎をはじめ“子ども三太郎”が再登場している。

また今日も、桃太郎の家に集まっている三太郎。子どものころの思い出話に花を咲かせている中、かぐや姫(有村架純)が「桃ちゃんて、昔は泣き虫だったんだ~」と切り出すと、「金ちゃんより小さかったしね」と桃太郎は懐かしそうにふり返る。「でも、いまや鬼退治して」「スターだもんね!」と持ち上げる浦島太郎と金太郎に、「そんなことないよ~」と桃太郎がニコニコしながら応じ、幼少期に思いを馳せる――。

子どものころは金太郎よりも背が低く、泣き虫だった桃太郎。雨の中、浦島太郎と金太郎のサポートを受けて、大木の幹を何度も平手で突いたり、大きなワラの束を蹴ったり、強くなるための特訓に励んでいる。「2人は小さかったオレを大きくしてくれた…」という大人の桃太郎の言葉に重なるように、息を切らしていた桃太郎に浦島太郎と金太郎が駆け寄り、「一緒に強くなろうな!」「な!」「うん…」と肩を組んで励まし、お互いに顔を見合わせる三太郎…。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top