犬の感染症は命に関わる病気がたくさん!症状と予防法を知ろう | NewsCafe

犬の感染症は命に関わる病気がたくさん!症状と予防法を知ろう

犬の感染症とは?感染症とは、感染性の病原体によって引き起こされるもので、その病原体は犬の周りに多く存在します。病原体は寄生虫、細菌、ウイルスなどが挙げられます。犬の状態が重篤になる可能性が高い病気は、ワクチンの予防接種が推奨されています。犬の飼い主が馴…

ビックリ ニュース
犬の感染症は命に関わる病気がたくさん!症状と予防法を知ろう
犬の感染症とは?


感染症とは、感染性の病原体によって引き起こされるもので、その病原体は犬の周りに多く存在します。病原体は寄生虫、細菌、ウイルスなどが挙げられます。


犬の状態が重篤になる可能性が高い病気は、ワクチンの予防接種が推奨されています。犬の飼い主が馴染みの多い、混合ワクチンで予防できる感染症をみていきましょう。

人と犬の共通感染症

狂犬病

狂犬病ウイルスが原因となり人間を含む全ての哺乳類で感染をする病気です。感染した動物に咬まれることで唾液を介して傷口から感染、ウイルスが脳へ移動することで神経症状を起こし発症すると100%死に至ります。国内での感染における発症は長年にわたりありませんが、飼い犬への予防注射は法律で定められ義務付けられています。

犬レプトスピラ病

レプトスピラという細菌が原因菌となって、犬に腎不全や肝不全をもたらします。保菌者のネズミに汚染された食物などを食べることで感染します。感染しても症状を出さずにそのまま保菌者となる不顕性感染が多い病気です。病態は出血型と黄疸型に分けられます。出血型は高熱、嘔吐、血便などがみられます。末期では尿毒症になることもあります。黄疸型はその名の通り、黄疸や、その他にも高熱、嘔吐、下痢の他、口の粘膜に出血病変がみられることがあります。黄疸型では急死する場合があります。レプトスピラ病も特効薬などはなく、抗生剤治療に加えて、腎臓や肝臓を保護する治療を行います。
《わんちゃんホンポ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top