岩隈久志、4回途中5失点の乱調 逆転許して降板、マ軍は負ければPO消滅 | NewsCafe

岩隈久志、4回途中5失点の乱調 逆転許して降板、マ軍は負ければPO消滅

■今季17勝目はならず、ブルージェイズが勝ったため敗戦で終戦 マリナーズの岩隈久志投手は1日(日本時間2日)、本拠地でのアスレチックス戦に先発し、3回2/3を9安打5失点と乱調に終わった。2回に2点の援護をもらったが、逆転を許して3点のビハインドで交代。今季17勝目は…

スポーツ ニュース
マリナーズ・岩隈久志【写真:Getty Images】
■今季17勝目はならず、ブルージェイズが勝ったため敗戦で終戦

 マリナーズの岩隈久志投手は1日(日本時間2日)、本拠地でのアスレチックス戦に先発し、3回2/3を9安打5失点と乱調に終わった。2回に2点の援護をもらったが、逆転を許して3点のビハインドで交代。今季17勝目はならなかった。ワイルドカード2位のブルージェイズが勝ったため、マリナーズは負けたら1試合を残して2ゲーム差となり、プレーオフ進出の可能性が消滅する。

 岩隈は初回、先頭のセミアンにレフト前ヒットを浴びる。ボートは左飛、ヒーリーは空振り三振も、デービスは四球で2死一、二塁とピンチを背負う。しかし、最後はアロンソをスプリットで空振り三振。無失点で切り抜けた。

 その裏、マリナーズは先頭の青木が空振り三振。スミスは四球で歩くも、カノ、クルーズは空振り三振に倒れた。

 2回、岩隈はバレンシアを空振り三振、マックスウェルを一ゴロ、エイブナーを空振り三振と3者凡退の好投。すると、打線がその裏に待望の先制点を奪う。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top