楽天栗原、引退会見全文 「自分の思うような打撃ができなくなった」 | NewsCafe

楽天栗原、引退会見全文 「自分の思うような打撃ができなくなった」

■涙で現役引退を報告、支えてくれた家族からも「悔いはないよ」 楽天・栗原健太内野手が1日、コボスタ宮城で引退会見を開いた。昨オフ、16年間プレーした広島から楽天にテスト入団。しかし、1度も1軍に昇格することはできず、ユニホームを脱ぐ決断をした。 それでも、山…

スポーツ ニュース
コボスタ宮城で引退会見を開いた、楽天・栗原健太【写真:高橋昌江】
■涙で現役引退を報告、支えてくれた家族からも「悔いはないよ」

 楽天・栗原健太内野手が1日、コボスタ宮城で引退会見を開いた。昨オフ、16年間プレーした広島から楽天にテスト入団。しかし、1度も1軍に昇格することはできず、ユニホームを脱ぐ決断をした。

 それでも、山形出身の栗原は最後の1年を東北を本拠地とする楽天でプレーできたことについて、「感謝の気持ちでいっぱい」と話した。家族には涙ながらに感謝。25年ぶりのリーグVを果たした古巣・広島への思いを吐露する場面もあった。

 会見の内容は以下の通り。

「本日はお忙しい中、お集まりいただきまして、ありがとうございます。私、栗原健太は今シーズンを持ちまして、現役引退を決めたことを報告させていただきます」

――引退を決断した経緯やきっかけは?

「去年の秋季キャンプでテストさせてもらって入団してから、自分の中で今年は1年勝負という気持ちでやってきました。そう言った中で1軍の戦力になれなかったというところで、この辺が引き際かなという思いがありました。あとは、自分の思うようなバッティングができなくなったという理由からです」
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top