阪神7連勝、広島黒田7年連続2桁勝利、燕山田2年連続トリプルスリー…1日のプロ野球 | NewsCafe

阪神7連勝、広島黒田7年連続2桁勝利、燕山田2年連続トリプルスリー…1日のプロ野球

スポーツ ニュース

■阪神ドラ4望月が好投デビュー&福原現役最終登板、楽天安楽が3勝目

 プロ野球は1日、各地で3試合が行われた。セ・リーグは全日程が終了。阪神は最終戦で巨人に快勝し、7連勝でシーズンを終えた。先発・岩貞祐太投手が7回無失点の好投で自身初の2桁となる10勝目。ドラフト4位ルーキー望月がデビューし、自己最速153キロを計測するなど1回無失点に抑えた。打線は北條が3安打1打点、ゴメスと上本が2打点。阪神一筋18年の福原は現役最後のマウンドに上がり、立岡を左飛に仕留めた。

 25年ぶりのリーグVを果たした広島はヤクルトに勝利し、89勝でフィニッシュ。先発黒田が7回1失点と好投して10勝目を挙げ、メジャー時代から自身7年連続2桁勝利を達成した。打線は1点を追う6回にエルドレッドのタイムリーで同点打に追いつくと、松山が勝ち越し2点二塁打を放った。廣瀬は7回に代打で登場し、現役最後の打席で左飛。その後、試合終了まで右翼の守備についた。ヤクルト山田は4打数無安打2三振に終わったが、打率.304、38本塁打、30盗塁で史上初の2年連続トリプルスリーを達成した。
《Full-count》

特集

page top