引退の楽天栗原、シーズン中に1軍昇格打診も「中途半端にできない」と固辞 | NewsCafe

引退の楽天栗原、シーズン中に1軍昇格打診も「中途半端にできない」と固辞

スポーツ ニュース

コボスタ宮城で引退会見を開いた、楽天・栗原健太【写真:高橋昌江】
■引退会見で野球に感謝、「栗原健太というものを作ってもらった」

 楽天・栗原健太内野手が1日、コボスタ宮城で引退会見を開いた。昨オフ、16年間プレーした広島に自由契約を申し出て、楽天にテスト入団した栗原は「1年勝負という気持ちでやってきたが、1軍の戦力になれなかったので、この辺が引き際かなと思った。思うようなバッティングもできなくなった」と引退を決意した理由を話した。

「肩に重くのしかかっていたものが取れ、スッキリした。精一杯やってきたので悔いはない」と清々しい表情で語った栗原だが、家族へ引退を伝えた時の話題になると涙をこぼした。

 1999年のドラフト3位で日大山形から広島に入団。17年間のプロ生活で1026試合に出場し、打率.293、153本塁打、586打点の成績を収めた。ゴールデングラブ賞3度、ベストナイン1度とタイトルも獲得。思い出の試合を問われると、「1軍で初ヒットがホームランだったこと。その日から僕の野球人生が始まったと思った」と振り返った。
《Full-count》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top