犬が出血したらどうする?原因とケース別対処方法まとめ | NewsCafe

犬が出血したらどうする?原因とケース別対処方法まとめ

ビックリ ニュース

犬が出血したらどうする?原因とケース別対処方法まとめ
犬の出血を侮るなかれ!


人間であれば、少しの切り傷や、擦り傷で出血する事が普通と考えます。
ですが、犬の場合は違います。たかが出血と言っても、「外傷による出血」はもちろん、もし「出血性の病気」であった場合、緊急を要することがあるのです。


どこから出血しているか、どれくらい出血しているか、どのような色の血か、犬の状態はどうか、など、状況別に判断が必要です。素早く観察し、すぐに動物病院にかかれるようにしましょう。

出血の場所と原因

犬が出血する場所は、大きく分けて体の外部(皮膚)か、体の内部かに分かれます。


体の外部の出血の場合、ケガや事故による外傷、皮膚病の炎症による出血、重度のガン等も考えられますが、基本的には、皮膚に傷が入り、血管が破れ、出血に至るケースと考えて下さい。


体の内部の出血の場合、原因は様々ありますが、粘膜の炎症、多臓器不全による出血、寄生虫や病原菌による障害、がんやポリープ等の腫瘍など、緊急性の高い物が多くみられるようです。
《わんちゃんホンポ》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top