パイロット最後の命綱「射出座席」 作り続け70年の老舗メーカー、7500人の命救う | NewsCafe

パイロット最後の命綱「射出座席」 作り続け70年の老舗メーカー、7500人の命救う

ビックリ ニュース

F-35A戦闘機における「Mk.16射出座席」の試験。火薬でキャノピーを割り強度を下げ、射出される座席がそれを粉砕することで脱出する(写真出典:マーチン・ベイカー)。
戦闘機などに装備されている「射出座席」。これを作り続け、7500人ものパイロットの命を救ったメーカーがあります。その積み重ねられた歴史の背景には、友の死と、死をも恐れぬ献身、そしてなによりパイロットの命を救いたいという切実な願いがありました。

■射出座席の老舗、70年、7500名の「実績」

「射出座席」を作り続けて実に70年の伝統を誇るイギリスのマーチン・ベイカー社は、2016年9月、自社製射出座席によって救われたパイロットの数が7500人を突破したと発表しました。

 現代の戦闘機や爆撃機など、ほぼすべての「戦う軍用機」は、事故や戦闘によって墜落不可避となった場合に、パイロットやそのほかの乗員を「ベイルアウト(緊急脱出)」させるための「射出座席」と呼ばれる装置を備えています。乗員が作動レバーを引っ張ると、座席に装着されたロケットないし火薬が点火、座席ごと乗員を機外へと放り出し、パラシュートの展開までを自動的に行うというもので、緊急事態に陥った乗員にとってはまさに「最後の命綱」です。
《乗りものニュース》

特集

page top