スーパーグローバルハイスクール中間評価、渋渋ほか4校が最高評価 | NewsCafe

スーパーグローバルハイスクール中間評価、渋渋ほか4校が最高評価

 文部科学省は9月30日、平成26年度指定校の「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」の中間評価を公表した。渋谷教育学園渋谷高校、名城大学附属高校、島根県立出雲高校、広島女学院中学高校の4校が、「優れた取組状況」として最高評価を得た。

社会 ニュース
スーパーグローバルハイスクール(平成26年度指定)の中間評価
  • スーパーグローバルハイスクール(平成26年度指定)の中間評価
  • スーパーグローバルハイスクール(平成26年度指定)の中間評価 学校別評価の一覧の一部
  • スーパーグローバルハイスクール
 文部科学省は9月30日、平成26年度指定校の「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」の中間評価を公表した。渋谷教育学園渋谷高校、名城大学附属高校、島根県立出雲高校、広島女学院中学高校の4校が、「優れた取組状況」として最高評価を得た。

 SGHは、社会課題に対する関心や教養、コミュニケーション能力、問題解決力などの国際的素養を身につけ、将来国際的に活躍できるグローバルリーダーを育成することが目的。平成26年度に事業を開始し、指定期間は平成30年度までの5年間。平成26年度は、国立4校、公立34校、私立18校の計56校が指定を受けている。

 中間評価は、指定3年目の指定校について、SGH企画評価会議協力者(外部の有識者)が2年目までの研究開発の進捗状況などを評価。各指定校が研究開発などの内容を見直す機会とし、事業の効率的な実施を図るために行った。
《奥山直美》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top