子どもたちの可能性や選択肢を増やす…七田チャイルドアカデミー | NewsCafe

子どもたちの可能性や選択肢を増やす…七田チャイルドアカデミー

社会 ニュース

七田チャイルドアカデミー 東京本部本部長 有馬寛実氏
  • 七田チャイルドアカデミー 東京本部本部長 有馬寛実氏
  • 受賞インタビューに答える有馬氏
 胎教から小学生までを対象に全国に約450の教室をもつ七田チャイルドアカデミーは、顧客満足度で評価を行う「イード・アワード2015 幼児教室」において、「授業がよい幼児教室」「教材がよい幼児教室」「効果がある幼児教室」の3部門を受賞した。27年の歴史をもつ七田式教育について、七田チャイルドアカデミーの東京本部本部長の有馬寛実氏に話を聞いた。

◆子どもたちの可能性や選択肢を増やす

--七田チャイルドアカデミーの特徴をお聞かせください。

 七田というと“右脳(みぎのう)教育”というイメージがあると思います。七田では子どもが本来もっている能力を引き出して、子どもたちの可能性や選択肢を増やすということを一番の目的としています。右脳の能力は誰もがもっていますが、ほとんどの方がそれを知りません。けれども、環境さえ整えてあげれば、その能力を引き出すことができます。まず能力を引き出して、それを使えるようにすることが大切です。
《相川いずみ》

特集

page top