突然の休部で変わった野球人生 今も受け継ぐ名門野球部の教え | NewsCafe

突然の休部で変わった野球人生 今も受け継ぐ名門野球部の教え

スポーツ ニュース

JFE東日本の中野大地捕手【写真提供:JFE東日本野球部】
■休部の名門野球部から羽ばたいた一人の捕手、今も受け継ぐ「日産魂」

 今年の都市対抗野球大会に千葉市代表として出場したJFE東日本野球部。惜しくも1回戦で敗退してしまったものの、前身の「川崎製鉄千葉」時代を含め、出場22回を誇る名門だ。今年からチームのキャプテンを務めるのは、日産自動車野球部の休部に伴い、1年でJFE東日本野球部に移籍した中野大地捕手(29)。「川崎製鉄千葉」時代を含めた長い野球部の歴史の中で、他のチームから移籍してきた選手がキャプテンを務めるのは初めてだ。

 明治大学時代、いくつかの企業から声をかけてもらっていたが、大企業であり、野球部も神奈川の強豪ということで、日産自動車野球部への入部を決めた。しかし、入社前の2009年2月、年内いっぱいで野球部が休部となることが決まった。

「入社する年の1月から、チームの寮に住んで練習をしていました。その翌月、2月に休部が伝えられました。前年に『三菱ふそう川崎』が休部になり、強いチームでもそんなことがあるんだと学生ながらに思っていましたが、まさかそれを自分が経験するなんて、考えてもいませんでした」
《Full-count》

特集

page top