【米国はこう見ている】イチロー11打席無安打 米メディア「打席に立てないことが記録の妨げに」 | NewsCafe

【米国はこう見ている】イチロー11打席無安打 米メディア「打席に立てないことが記録の妨げに」

スポーツ ニュース

マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】
■金字塔へ残り「2」も無安打が続くイチロー

 メジャー通算3000安打まで「2」と迫っているマーリンズのイチロー外野手は、5日(日本時間6日)の敵地ロッキーズ戦で3球三振に終わった。代打で登場も快音は響かず、これで11打席連続ノーヒット。7月28日(同29日)の本拠地カージナルス戦で二塁打を放ってからヒットが出ていない。ESPNは「毎試合、打席に立てないことが記録達成の妨げとなっている」と伝えている。

 記事では「2998本から3000本に至るまでイチロー・スズキはしばらく時間がかかりそうに思える」と指摘。残り2本に迫ってから、イチローのスタメン出場は7月29日(同30日)のカージナルス戦の1試合のみ。限られた出場機会の中で、ヒットの出ない日が続いており、特集では以下のように言及している。

「事実、スズキは2998本から3000本安打を打つまでに、1900年から現在に至るまで3000本安打を達成した28人の選手よりも多くの時間を要するだろう」
《Full-count》

特集

page top