イチロー、3球三振で11打席連続凡退 3000安打へ「2」、7試合ヒットなし | NewsCafe

イチロー、3球三振で11打席連続凡退 3000安打へ「2」、7試合ヒットなし

スポーツ ニュース

マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】
■代打で見逃し三振に終わり足踏み続く、マ軍は9回に4点奪い連敗3で止める

 マーリンズのイチロー外野手は5日(日本時間4日)、敵地でのロッキーズ戦に代打で出場し、見逃し三振に倒れた。これで11打席連続&7試合連続ノーヒット。史上30人目のメジャー通算3000安打へ「2」としてから、足踏みが続いている。マーリンズは1点リードの8回に逆転されるも、9回に4点を奪い返して5-3で勝利。連敗を「3」で止めた。

 マーリンズはこの試合、初回に先頭のゴードンが内野安打で出塁すると、スタントンのタイムリーツーベースで先制。その後は、マーリンズのフェルプス、ロッキーズのデラロサと両先発が力投し、点が入らずに試合が進んだ。

 イチローが登場したのは7回。1死走者なしの場面で代打がコールされると、敵地に歓声が沸き起こった。ロッキーズはここで、2番手の右腕オバーグから左腕ローガンにスイッチ。イチローは初球は見逃し、2球目はファウルと2球で追い込まれる。そして、最後は外角低めの際どいコースへ投じられた92マイル(148キロ)の直球を見逃し。3球三振に終わった。
《Full-count》

特集

page top