広末涼子×水野美紀、15年ぶりの姉妹役! 湊かなえの「望郷」ドラマ化 | NewsCafe

広末涼子×水野美紀、15年ぶりの姉妹役! 湊かなえの「望郷」ドラマ化

芸能 ニュース

「望郷」(C)テレビ東京
  • 「望郷」(C)テレビ東京
  • 「望郷」(C)テレビ東京
  • 「望郷」(C)テレビ東京
  • 「望郷」(C)テレビ東京
  • 「望郷」(C)テレビ東京
  • 「望郷」(C)テレビ東京
  • 「望郷」(C)テレビ東京
  • 「望郷」(C)テレビ東京
瀬戸内海に浮かぶとある島で生まれ育った人々の、切なくも愛おしい人間模様を描いた湊かなえの連作ミステリー短編集「望郷」が、広末涼子、伊藤淳史、濱田岳主演でドラマ化されることが決定しているが、この度、新たに共演者として水野美紀、椎名桔平、内山理名らが出演していることが分かった。

今回ドラマ化となるのは、短編集から「みかんの花」「海の星」「雲の糸」。この3編をオムニバスドラマとして放送。それぞれ主演には広末さん、伊藤さん、濱田さんが好演する。

「みかんの花」は、富田美里(広末涼子)が暮らす白綱島市は全国で唯一残る一島一市だったが、対岸の市に吸収合併されることになった。市の閉幕式の会場で、美里は登壇した人物を食い入るように見つめていた。その人物は小説家の桂木笙子(水野美紀)。20年前に島を出たきり、一度も帰ってこなかった憎き姉だ。なぜ姉は島を出たのか。そしていま、なぜ戻ってきたのか。美里がある疑念を口にすると、重い口をようやく開いた笙子は、驚くべき事実を語り始めた…。
《cinemacafe.net》

特集

page top