殊勲打のホークス鶴岡、打撃好調の要因は…「何とかできると強い気持ちで」 | NewsCafe

殊勲打のホークス鶴岡、打撃好調の要因は…「何とかできると強い気持ちで」

スポーツ ニュース

ソフトバンク・鶴岡慎也【写真:編集部】
■殊勲の同点打、中村晃の犠打後の打席に「違う緊張感あった」

 5日の日本ハムとの首位決戦の初戦、先発で12勝目を挙げた和田毅とともにお立ち台に上がった鶴岡慎也。4回に殊勲の同点打を放つとともに、好リードで和田の白星に貢献した。4回の同点打は、内川聖一、松田宣浩の連打の後、中村晃の犠牲バントの後に生まれた。

「いいピッチャー相手にそんなにチャンスはないと思っていた。追いかける立場だったので、何とかという気持ち。晃に送らせてからの打席ですから、違う緊張感はありましたよ(笑)。ただ、一打席目(中飛)もいい感じで打てていたので、何とかできるという強い気持ちでいきました」

 前日4日の埼玉西武戦でも4安打3打点の大活躍を見せたばかり。好調の要因を聞かれると「打撃の話をするのは苦手なんですけど」と照れながらも、自分なりの分析を静かに語った。

「しっかり球を待てているというか、ターゲットを絞れている感じですかね。あとは、たまたま人のいないところに飛んでいるだけだと思います(笑)」
《Full-count》

特集

page top