スターの追善にはTVの再放送が一般的だけど江戸時代のそれは浮世絵だった | NewsCafe

スターの追善にはTVの再放送が一般的だけど江戸時代のそれは浮世絵だった

ビックリ ニュース

スターの追善にはTVの再放送が一般的だけど江戸時代のそれは浮世絵だった
先日、ウルフと呼ばれ、国民的人気を誇った力士・千代の富士が61歳の若さで亡くなった。少し前には、ピアニストの中村紘子、ザ・ピーナッツの伊藤ユミ、永六輔、大橋巨泉など、昭和を彩った著名人の死が相次いだ。今回はそのようなスターの追善メディアについて、考えてみたい。

■死絵とは、歌舞伎役者が亡くなった後に描く浮世絵


町人文化が開花した江戸時代においては、人物・風俗・風景などを描いた浮世絵が広く流布し、愛好された。その浮世絵の中に、「死絵」と呼ばれるジャンルがある。

本来死絵とは、歌舞伎役者などが亡くなった直後に、その似顔絵に没年月日、戒名、菩提寺、辞世の句、追善の歌句を添えたものだ(スターよ永遠に 追善浮世絵展)

■八代目市川團十郎の死絵は大量に作られた

特に多く制作され、様々なモチーフで描かれたのが、安政元(1854)年に、32歳の若さで、旅先の大坂で謎の自殺を遂げた、八代目市川團十郎を画題としたものである。
《心に残る家族葬》

特集

page top