朝食の女王「サラベス」、初のヘルシーボウルメニュー2種を展開! | NewsCafe

朝食の女王「サラベス」、初のヘルシーボウルメニュー2種を展開!

芸能 ニュース

NYの朝食の女王「サラベス」ルミネ新宿店、大阪店で、サラベス初の丼(ボウル)メニュー2種を販売
  • NYの朝食の女王「サラベス」ルミネ新宿店、大阪店で、サラベス初の丼(ボウル)メニュー2種を販売
  • 「パワーボウル」¥1,150
  • 「ブッダボウル」¥1,080
  • サラベス ルミネ新宿店 外観
NYの朝食の女王と称される人気レストラン「サラベス」のルミネ新宿店、大阪店では、 8月1日(月)より17時~21時(LO)のディナータイムにおいて、サラベス初となるアジアのテイストを盛り込んだヘルシーなボウル(丼)メニュー「ブッダボウル」(1,080円)と「パワーボウル」(1,150円)の2種が新登場。

これまでの「サラベス」のメニューラインナップに新風を吹き込む今回のヘルシー丼メニュー2種は、どちらも玄米をベースに赤米やキヌアを合わせた雑穀米に、たっぷりの彩り野菜などをトッピングした、ボリューミーでありながらも、さすが「サラベス」ともいうべきお洒落感満載な一品に仕上がっている。

「ブッダボウル(Buddha Bowl)」は、アメリカでも特に西海岸に住む人々のヘルシー志向な人たちの間でブームになっている丼メニューで、スーパーフードのキヌアと玄米をベースに、いろいろな野菜のマリネや豆腐のソテーなどをトッピングしたサラベスオリジナルの一品。たとえて言うなら“サラダボウル“のような感じといえよう。豆腐やアボカドなどでボリュームを出したさっぱり感が特徴的で、香菜、ターメリック、ナンプラーといった様々な香りが織りなすエスニックなテイストが新鮮。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top