【リオ2016】日本代表メダリスト会見場にスイスイ入場!NECのウォークスルー顔認証システム導入 | NewsCafe

【リオ2016】日本代表メダリスト会見場にスイスイ入場!NECのウォークスルー顔認証システム導入

社会 ニュース

ブラジル・リオデジャネイロ市「TOKYO 2020 JAPAN HOUSE」のメダリスト会見場にはNECのウォークスルー顔認証システムが導入(2016年8月4日)
  • ブラジル・リオデジャネイロ市「TOKYO 2020 JAPAN HOUSE」のメダリスト会見場にはNECのウォークスルー顔認証システムが導入(2016年8月4日)
  • ブラジル・リオデジャネイロ市「TOKYO 2020 JAPAN HOUSE」のメダリスト会見場にはNECのウォークスルー顔認証システムが導入(2016年8月4日)
  • ブラジル・リオデジャネイロ市「TOKYO 2020 JAPAN HOUSE」がオープンする(2016年8月4日)
  • ブラジル・リオデジャネイロ市「TOKYO 2020 JAPAN HOUSE」がオープンする(2016年8月4日)
  • 「TOKYO 2020 JAPAN HOUSE」内のメダリスト会見場(2016年8月4日)
ブラジル・リオデジャネイロ市のバッハ地区に8月5日からオープンする「TOKYO 2020 JAPAN HOUSE」には日本選手団のメダリスト会見場がある。その入場はウォークスルー顔認証システムによる管理が行われる。

4日にTOKYO 2020 JAPAN HOUSEのメディア向け内覧会が開催され、日本からリオデジャネイロ五輪の取材に来た報道陣が集まった。メダリスト会見場の内覧後、今後行われるであろう記者会見に備えたウォークスルー顔認証システムの登録手続きが実施された。


ウォークスルー顔認証システムの技術はNECによるもので、これにより入場の管理が簡単になる。通常、日本で行われているさまざまな記者会見の入場では受け付けで名刺を渡し、スタッフに事前登録した名前を紙でチェックしてもらうことがほとんど。

男子バスケットのB.LEAGUE(Bリーグ)が記者会見を行う場合は、事前登録終了時にQRコードを作成してくれる。それを記者会見受け付け時にスマートフォンで掲示するシステムで、紙に比べたら簡単だがそれでも手間はかかる。
《五味渕秀行》

特集

page top