阿部寛×天海祐希W主演作『恋妻家宮本』がモントリオールへ!「とても嬉しい」 | NewsCafe

阿部寛×天海祐希W主演作『恋妻家宮本』がモントリオールへ!「とても嬉しい」

芸能 ニュース

『恋妻家宮本』(C)2017「恋妻家宮本」製作委員会
  • 『恋妻家宮本』(C)2017「恋妻家宮本」製作委員会
  • 『恋妻家宮本』(C)2017「恋妻家宮本」製作委員会
  • 『恋妻家宮本』(C)2017「恋妻家宮本」製作委員会
  • 『恋妻家宮本』(C)2017「恋妻家宮本」製作委員会
  • 『恋妻家宮本』(C)2017「恋妻家宮本」製作委員会
  • 『恋妻家宮本』(C)2017「恋妻家宮本」製作委員会
阿部寛と天海祐希がW主演を務める映画『恋妻家宮本』が、カナダのモントリオールで開催される「第40回モントリオール世界映画祭」のファースト・フィルムズ・ワールド・コンペティション部門に正式出品されることが決定した。

宮本陽平(阿部寛)と美代子(天海祐希)は、学生時代に合コンで知り合い卒業と同時にできちゃった婚。そしてごく平穏な結婚生活25年を経て子どもの独立のときを迎えていた。ところが、息子夫婦が福島へ旅立った日、久々の二人きりの生活に戸惑い、ふたりともついつい飲みすぎてしまい妻は飲みつぶれてしまった。そんな夜、陽平は妻の記入欄がすべて書き込まれて捺印された離婚届を本棚で発見。順風に思えた夫婦生活、美代子はいったい何を考えているのか? かといって妻に問いただす勇気はなく、耐えられずに陽平は趣味の料理教室仲間に相談するも妻の浮気を示唆されて余計に不安を募らせてしまう。これまでの人生を常に何が正しいかを考えながら生きてきた陽平。教師として学校でふれあう生徒とその家族、趣味で通う料理学校で垣間見るよその夫婦の姿、そこには、さまざまな夫婦そして家族の形がある。正しいことって、何だろうか。陽平の惑いは深まるばかり。そんな時美代子が家を飛び出してしまう――。
《cinemacafe.net》

特集

page top