エースが投げて主砲が打つ、接戦に勝利したオリックス・福良監督「守り勝ちですね」 | NewsCafe

エースが投げて主砲が打つ、接戦に勝利したオリックス・福良監督「守り勝ちですね」

スポーツ ニュース

野球ボール イメージ
オリックスは8月4日にコボスタ宮城で楽天と対戦。先発の金子千尋が7回、3安打無失点、8奪三振の好投を見せ2-0で勝利した。楽天の先発・安樂智大は8回、4安打2失点と好投したが打線の援護がなかった。

オリックスは二回、先頭のT-岡田が右翼席へ先制のソロ本塁打。内角低目の直球をとらえた当たりに、「初球からストレートをしっかりと捉えることができました。先制点を取って優位に試合を進めたいと思っていたので、最高の結果になりました」と岡田も納得の様子だった。

両チーム点が入らないまま進んだ試合は八回、オリックスがブレント・モレルのソロ弾で加点。リードを2点に広げた。

「ちょっと詰まったけど、何とかスタンドまで届いてくれたね。追加点がほしい場面だったから取れて良かったよ」

オリックスは九回にクローザーの平野佳寿が2死二、三塁のピンチを招くも、最後はゼラス・ウィーラーを三ゴロに仕留めて試合を締めた。


エースが投げて中軸が打って勝つ。理想通りの試合にファンからは、「さすがってピッチングでした。チェンジアップが面白いように決まって安心して見てました」「エースが投げて中継ぎがしっかり抑えて、守護神が締める。主砲が打って試合を決める。王道でしたね」「やっと最下位脱出だ。やっぱり野球って守り勝つものなんですね」「エースが投げて四番が打ち、野手が堅守をみせる!ナイスゲームでした」「欲を言えば完封してほしかったけど。エースとして素晴らしいピッチング!」などの声が寄せられている。

オリックスの福良淳一監督は試合後、「守り勝ちですね。駿太の守備など、良いプレーが多かった。金子もよくがんばってくれたし、エースで勝てたことは大きい」と選手たちの労をねぎらった。
《岩藤健》

特集

page top