【木暮祐一のモバイルウォッチ】第97回 子どもの急病時に役立つアプリ 2ページ目 | NewsCafe

【木暮祐一のモバイルウォッチ】第97回 子どもの急病時に役立つアプリ

 夏休みシーズンの真っただ中、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭にお勧めしておきたいアプリをご紹介。

経済 ニュース
起動画面で年齢と性別を入力する
  • 起動画面で年齢と性別を入力する
  • 症状を選択していくと、その症状から病気やケガの緊急度を判定。緊急度が高ければ「119番」発信できる(大阪府内限定)
  • 症状選択で緊急度が「中」の場合は電話相談に発信できる(大阪府内限定)。付近の病院検索にも対応
 使い方は簡単。起動したら年齢を入力し性別を選択。次の画面では「病気」と「けが・異物(中毒、熱中症を含む)」のいずれかを選択し、その先は症状選択に従って画面を進めていくだけ。項目により症状選択の階層が深くなる場合があるが、選択された内容から疑われる病気やけがの「緊急度」が判定できる。

 さらに大阪府での利用に限定されるが、緊急度が「高」であれば、そのまま画面から119番発信が可能である。また、緊急度が「中」の場合は「救急安心センターおおさか」に通話がつながり、専門家による電話相談に対応してもらえる。緊急度が「低」であれば、該当する病気やけがの診療科目が何科に該当するのかが表示され「病院検索」ができる。病院検索画面では、位置情報を使って自分のいる場所から最寄りの病院がリストアップされる。大阪府以外では119発信や電話相談、病院検索などが使えないが、それでもお子さんの症状から緊急度を判定する機能は大いに役立ちそうだ。
《木暮祐一》

≪PR≫
>ふるさと納税で食費を節約!食費毎月2万5千円の我が家が教える"おすすめ返礼品"

特集

page top