駅放送の信号を認識しアプリが文字翻訳 東海道新幹線3駅で実証実験へ | NewsCafe

駅放送の信号を認識しアプリが文字翻訳 東海道新幹線3駅で実証実験へ

ビックリ ニュース

「おもてなしガイド」使用のイメージ(写真出典:ヤマハ)。
JR東海とヤマハが、スマートフォン向けアプリ「おもてなしガイド」を活用した多言語対応サービスの実証実験を、東海道新幹線の3駅で今年8月から実施します。

■東京、京都、浜松駅で実証実験

 JR東海とヤマハは2016年8月3日(水)、東海道新幹線の駅構内でヤマハが開発したアプリ「おもてなしガイド」を活用した多言語対応の実証実験を行うと発表しました。

 このアプリは日本語のアナウンス放送をスマートフォンなどのマイクで聞き取り、インターネットに接続することなく、任意の言語に翻訳して画面に文字で表示するというもの。訪日外国人や音を聞きづらい利用者らに対する情報提供の充実を目指すとしています。

 アプリは、すでにiOS版が公開されています(Android版は開発中)。アプリの利用料金は無料(通信料は別途)。対象言語は日本語、英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、タイ語、フランス語、スペイン語です。
《乗りものニュース》

特集

page top