前田健太、6回途中2失点で10勝目の権利 1年目2桁勝利なら日本人7人目 | NewsCafe

前田健太、6回途中2失点で10勝目の権利 1年目2桁勝利なら日本人7人目

スポーツ ニュース

ドジャース・前田健太【写真:田口有史】
■5回2/3を4安打2失点の力投、2桁勝利なら14年の田中以来

 ドジャースの前田健太投手は4日(日本時間5日)、敵地でのロッキーズ戦に先発し、5回2/3を4安打2失点5奪三振2死球の力投を見せた。味方打線が5点を援護し、10勝目の権利を持って降板。ルーキーイヤーで2桁勝利到達なら、日本人投手では1995年の野茂英雄(13勝6敗)、02年の石井一久(14勝10敗)、07年の松坂大輔(15勝12敗)、10年の高橋尚成(10勝6敗)、12年のダルビッシュ有(16勝9敗)、14年の田中将大(13勝5敗)の続いて7人目となる。

 前田は初回、2死からアレナドにライト前ヒットを許すも、ダールを高めの直球で空振り三振に仕留める。2回は3者凡退。3回は2死からブラックモンに死球を与えると、ルメイヒューの打球はセカンド後方への小フライに。ライト前に落ちるかと思われたが、アトリーが下がりながらジャンピングキャッチ。好守で前田を助けた。
《Full-count》

特集

page top