由規5年ぶり神宮登板で勝利、ソフトバンクが西武を3タテ…3日のプロ野球 | NewsCafe

由規5年ぶり神宮登板で勝利、ソフトバンクが西武を3タテ…3日のプロ野球

スポーツ ニュース

ソフトバンク・鶴岡慎也【写真:編集部】
■オリックス金子は7回無失点で5勝目、阪神は延長10回でDeNAに勝利

 プロ野球は3日、各地で5試合が行われた。

 セ・リーグでは3位DeNAが延長10回の末、4位・阪神に5-7で敗れた。初回に2点先制されるも、3回裏に4番・筒香が2点右翼二塁打を放ち、同点に追いついた。3-3の同点で迎えた7回に石川のセンターへの三塁打などで2点を勝ち越し。9回に守護神・山崎につないだが、先頭からの連打と送りバントで1死二、三塁とされたところで、内野安打と犠打で同点に追いつかれてしまった。延長10回にザガースキーが2点を勝ち越されて敗れた。

 ヤクルトは先発の由規が首位・広島を6回無失点に抑える好投で、今季2勝目を飾った。1786日ぶりの勝利を飾った前回7月24日の中日戦に続き、この日も気合の投球を見せた。4回1死からルナに右翼へ二塁打を許すまで3四球を与えながらも無安打投球。4回から毎回走者を背負ったが、粘投する由規を打線も援護。2点リードの6回に山田が32号3ランを放ち、試合を決めた。
《Full-count》

特集

page top