【THE REAL】不動のキャプテン・遠藤航の決意…初めての世界大会で、育成年代の集大成となるメダルを | NewsCafe

【THE REAL】不動のキャプテン・遠藤航の決意…初めての世界大会で、育成年代の集大成となるメダルを

社会 ニュース

遠藤航 参考画像(2016年7月30日)
  • 遠藤航 参考画像(2016年7月30日)
  • 遠藤航 参考画像(2016年7月30日)
  • 羽田空港でサッカーU-23日本代表の壮行会が開催(2016年7月21日)
  • 遠藤航 参考画像(2016年1月13日)
  • 遠藤航 参考画像(2015年11月17日)
  • サッカーU-23日本代表の手倉森誠監督(左)と遠藤航(2016年1月30日)
出場する選手に年齢制限が設けられている点で、男子サッカーはほかの夏季オリンピック競技と明らかに一線を画している。

プロ選手の全面解禁を求める国際オリンピック委員会(IOC)と、ワールドカップの権威を守りたい国際サッカー連盟(FIFA)。両者の利害が平行線をたどるなかで、折衷案として1992年のバルセロナ大会から設定された年齢制限は次のように定義されている。

「オリンピックが開催される前年の12月31日時点で、23歳未満の選手」


自らの生年月日と規定とを照らしあわせたとき、1993年2月9日生まれの遠藤航はいわゆる「リオ世代」をけん引していく立場になると自覚する。そのうえで、リオデジャネイロ五輪をこう位置づけた。

「アンダー世代(年代別の日本代表)における集大成の場となる」

迎えたオリンピックイヤーは、激戦の連続だった1月のU‐23アジア選手権を勝ち抜き、6大会連続となるオリンピック切符に「23歳以下のアジア王者」の肩書を添えて幕を開ける。
《藤江直人》

特集

page top