横浜DeNAベイスターズ、夏期集中講座で知るスポーツと経済 | NewsCafe

横浜DeNAベイスターズ、夏期集中講座で知るスポーツと経済

スポーツ ニュース

横浜DeNAベイスターズ、夏期集中講座で知るスポーツと経済
  • 横浜DeNAベイスターズ、夏期集中講座で知るスポーツと経済
  • 横浜DeNAベイスターズ、夏期集中講座で知るスポーツと経済
  • 横浜DeNAベイスターズ、夏期集中講座で知るスポーツと経済
横浜DeNAベイスターズは8月4日、横浜市内で、横浜国立大学・経営学部の学生20名を集め、夏期集中講座「横浜 DeNA ベイスターズ スポーツ経営論」を開いた。

この講座は、4日、5日、11日、12日の計4日間行われる。

横浜国立の森田洋教員は「今まで学んできたことを、結集させて、大いに力を発揮してほしい。学生の視点で、新しく面白いことが提案できたら嬉しい。受け身にはならないとは思いますが、自分の持っているものを100パーセント発揮してほしい」と学生たちに期待を寄せた。

学生たちの自己紹介では、今回学びたいこと、ベイスターズについて知っていることを話し「大学で学んでいることが、どのように生かされているのかを知りたい」「様々なイベントが多いので、どのように生み出されているのか、学びたい」「普段見れない裏側を知りたい」など、この講座にかける思いを述べた。

木村洋太経営・IT戦略部部長は「うちの会社は、ベイスターズファンもいれば、全然(野球に)詳しくない人もいる。なのでいろんな企画が出やすい。コアな人ばかり集まると、そういった視点の、意見しか出てこなくなる。横浜スタジアムは3万人収容できるが、常にそう言った人が、来るわけではなく、野球を始めて見に来た人も当然いる。その中で、いろんな視点を持って、いろんな企画を立てていくことが重要で、全員が一番喜べるポイントを探してあげるのが大事になる」と学生たちにアドバイスを送った。
《荒井隆一》

特集

page top