ものづくりを加速化、慶大SFC「イノベーションセンター」運用開始 | NewsCafe

ものづくりを加速化、慶大SFC「イノベーションセンター」運用開始

社会 ニュース

Makerbotシステムの利用
  • Makerbotシステムの利用
  • Makerbotシステム
 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)は8月3日、インターネットと3Dプリンター群をつなぐMakerbot「イノベーションセンター」システムの運用を開始したと発表した。日本の大学では初めての導入例となる。

 SFCは2013年4月、3Dプリンタや3Dスキャナ、カッティングマシンなどを利用し、デジタル技術を使ったものづくりを体験できる「ファブスペース」をメディアセンターに設置。学生・教員・職員に広く開放してきた。さらに2016年からは、学生自身が中心となってキャンパスに必要な建築や家具などを作っていくSBC(Student Build Campus)プロジェクトや、ドローン・自動車・ロボットなどの新たな先端ものづくり領域とも接続し、「ファブキャンパス」を本格的にスタートさせている。

 ファブキャンパスはデジタル工作機械の設置のほか、インターネットとつなげたさまざまなオンライン学習や管理のシステムを、学生、教員、職員が協力しながらともに実装していくことを掲げており、SFCで研究開発している、ものづくりレシピサイト「Fabble」や3Dプリント用データ検索システムはその一部である。
《外岡紘代》

特集

page top