ヤクルト、山田哲人の決勝弾で広島に快勝 | NewsCafe

ヤクルト、山田哲人の決勝弾で広島に快勝

スポーツ ニュース

野球 イメージ(c)Getty Images
ヤクルトは8月3日、神宮球場で広島と対戦。主砲・山田哲人内野手の決勝本塁打により、6-4で勝利した。

ヤクルトは3-4と1点ビハインドで迎えた6回裏、西浦直亨内野手の内野ゴロの間に走者が生還し同点とすると、続く7回裏には、2死三塁の場面で山田が2点本塁打を放って試合を決めた。投げては、3番手の松岡健一投手が1回を3者凡退に抑えて今季2勝目を挙げた。広島は3番手のヘーゲンズ投手が誤算だった。

勝利につながる一撃を放った山田に対して、ヤクルトファンの称賛の声が寄せられていた。
《浜田哲男》

特集

page top