巨人、田口麗斗がプロ入り初完封…中日は打線が振るわず | NewsCafe

巨人、田口麗斗がプロ入り初完封…中日は打線が振るわず

スポーツ ニュース

野球 イメージ(c)Getty Images
巨人は8月3日、ナゴヤドームで中日と対戦。先発の田口麗斗投手が9回を投げて2安打に抑えるプロ入り初完封。5-0で勝利した。

巨人は0-0で迎えた4回表、走者一、二塁の好機を作ると、ギャレット外野手が適時打を放って幸先よく先制。続く2死満塁の好機に田口が適時打を放ってリードを広げる。5回表には、走者二、三塁の好機に、村田修一内野手が3点本塁打を放って5-0とした。中日打線は、田口の前にわずか2安打に抑えられ、先発の大野雄大投手が中盤に崩れるなど誤算だった。

これに対して、「田口ナイスピッチング!2安打に抑えたのはすごいな!今年は一皮むけた感があるぞ」「左のエース目指してがんばれ!田口」「中日打線は深刻過ぎる…。ここまで打てないと策のほどこしようがないよね」「村田が今年20本ぐらい打てば、来年も期待できる。村田にはコツコツヒット打ってもらうんじゃなくて、ホームランを期待している。そういう人は多いと思う」とファンからはさまざまな声が寄せられていた。
《浜田哲男》

特集

page top